引っ越しの訪問見積もり

MENU

訪問見積もりって必要なの?

知らない人が家に来るというのは人間もっとも嫌がる行動の一つに分類されますが、引っ越し業者もその点は重々にわきまえており、営業なので当然ですが、身だしなみはしっかりとスーツであったり、また女性が来られたりもするんですよ。

どうして、訪問見積もりが必要なのかをここでは見てみましょう。

 

 

 

引越しをしたいというような場合には、それぞれの人の状況にもよりますが、ほとんどの場合は専門の業者に依頼をしなくてはならないでしょう。
しかしながら専門の業者に作業を依頼するというような場合には、ほぼ必ず費用が発生することになるでしょう。

 

 

現在ではインターネットを利用した見積もりサービスなども一般的に行われるようになっていますが、それであったとしても訪問見積もりの必要性がなくなったというようなわけではないということには注意が必要です。

 

 

ではなぜ、インターネットでの見積もりだけでは不足なのかというと、引越し作業においては「運ぶ荷物の量」が作業の費用に大きくかかわってくるからです。

 

 

 

現在サービスとして行われているインターネットでの見積もりなどでは、ダンボールだとどれくらいの量なのかというようなことや、所有している家具はどういったものがあるのかといったような情報で見積もりが作られます。
ですが実際には、家具の大きさというものは非常にさまざまです。

 

 

加えてベッドなどの場合には、運送する際に分解できるものと分解できないものがあります。

 

 

足つきのマットレスなどはシングルベッドの扱いとなりますが、フレームの上にマットレスを敷くというような形の通常のベッドの場合は分解して運搬することが可能ですから、
実際に運送する際の費用は足つきマットレスよりも安くなるのが一般的です。

 

 

また使用することになるダンボールの量というようなことも、普段からダンボールに荷物をつめているわけではないというような人の場合には、実際の量を想像することは難しくなってきます。

 

 

 

インターネット上での見積もりと、実際に訪問したうえで出してもらった見積もりの価格が数万円近く違ったというようなこともありますので、
特別な事情が無い限りはスタッフに直接荷物を見てもらい、見積もりを作ってもらうことが必要になるのです。

 

 

かかる時間は、1社当たり30分程度で済みます。複数見積もりの場合は、安い即決価格を出してきますが、まだまだ下がりますので他業者の見積もりを出すまで決めないことが重要です。
アート引越センターは対応から作業内容まで一流の引越し業者ですが、その分料金が他より高いのが難点です。しかし、複数の見積もりによって低価格も見込めますので含める事を推奨致します。
ハート引越センターはその名の通り思いやりのある業者なので個人的に好きな引越し業者です。