引越しの荷造りやダンボールについて

MENU

段ボール集めから始めてみよう。

 

業者に依頼する場合には、ダンボールは業者にもらい、自力での運搬の場合には、スーパーでもらってくる。

引越し先で処分することになるため新品購入はお勧めできません。

 

 

引っ越しを行う場合、引越し業者が荷造りを行うケースと、自ら荷造りを行うケースが有ります。

 

 

大半の場合は、自ら荷造りを行い引越しの準備をするかと思われますが、荷造りに利用するダンボールは、予め引越し業者の人がサービスで提供してくれます。

 

 

 

サービスと言っても、実際には引越し料金に含まれているケースが多いため、無料で提供と言う事ではないとも言われています。

 

 

しかしながら、上手にダンボールに荷物を詰め込まないと、不足する事が多くあります。
この場合は、追加で貰うか、もしくはスーパーなどに行って譲り受けると言う方法も有ります。

 

 

スーパーなどには、色々なサイズが有りますし、中には重い荷物を入れてある箱もあります。

 

 

このようなダンボールは、頑丈に出来ていますので、重い物を入れるのにも向いていると言えるのです。

 

荷造りのコツはその詰め方に有ります。

 

 

一般的に引越し業者さんから提供されるダンボール箱というのは、大と小の2種類が多くありますが、大きい方には軽い物を詰め込み、小さい方には重い物を詰め込むようにしています。

 

 

大きい箱の中にぎっしり重い物を詰め込むと、それを持ち運ぶ事が大変ですし、箱の底が抜ける事も有ります。

 

 

そのため、大きな箱には軽めの物を詰め込むことが大切なのです。

 

 

 

本は小さい箱に入れかつ、本が傷まないように縦に並べて詰めていきます。(雑誌類は平積みOK)

 

 

皿類は食器同士が触れ合わないように新聞紙を間に挟んでおきます。

 

 

どのような荷物でもダンボールに詰める際には水気は必ず取って下さい。
(紙で出来ているため水に弱い。)

 

 

 

また、詰めた後は、番号と入れた荷物・転居先で置いていく部屋をマジックで書いておきます。

 

 

布団や家具、電化製品は当日に引越し担当者が梱包してくれるため手を付けずとも問題ありません。

 

 

ゴミ袋に詰めてしまう方法もありますが、基本的には段ボールに詰めるものだとお考えください。

 

袋の荷物だと、隙間なくトラックに詰め込めない為、積載効率が悪くなってしまいます。
(余分なスペースが出来てしまう)

 

 

流れのまとめは、業者に頼む場合はダンボールは成約時当日にもらい受け、使っていない荷物、もしくは部屋から順に詰めていき、何を詰めたかを記載し、出来る限り一部屋にまとめておくといった流れで行いましょう。